不貞行為を理由に不貞相手に対して慰謝料を請求した事例

弁護士の応対

当事務所のご依頼者  夫

 

 

 

 

 

1 相談の経緯

妻が不貞行為をしたことが発覚し、夫が、妻の不貞相手に対して慰謝料請求がしたくて、当事務所にお越しになりました。

2 受任後の対応

妻が不貞行為をした事実を認めていたこと、また、不貞相手が誰であるかも夫に告白していたことから、直ちに、不貞相手に対して、内容証明郵便で慰謝料請求をしました。
賠償額については、婚姻期間等を勘案して200万円を請求しました。

3 結果

内容証明郵便を不貞相手に対して送付し、当職が不貞相手と交渉をした結果、不貞相手は、200万円を支払いました。

4 コメント

① 不貞行為に基づいて慰謝料請求する事案は、証拠を確保するのが困難です。
ただ、本件では、妻が不貞行為をした事実を認めており、かつ、不貞相手も夫に告げていたので、比較的スムーズに慰謝料請求をすることができました。
② 不貞に関する問題等、男女問題の紛争に関して、相手方によっては、裁判になることを非常に嫌がる方がいます。
そのような方が相手方の場合には、交渉によって比較的早く和解がまとまり、慰謝料を早期に回収できることがあります。

不貞/慰謝料の最新記事

離婚・男女問題でお悩みの方は、まずはご相談ください。

離婚に関するよくある質問集

当事務所の解決実績