相手方は、当初、離婚を拒んでいたが、最終的に離婚に応じた事例

弁護士の応対

当事務所のご依頼者  夫

 

 

 

 

 

1 相談の経緯

夫が性格の不一致等の理由で離婚調停を申し立て、自分だけで対応していましたが、調停委員が自分の話を聞いてくれず妻の話ばかり聞くなど、うまく離婚調停を進めていくことができず、当事務所に相談にお越しになりました。

2 受任後の対応

相談を聞いた結果、裁判になった場合、離婚事由が認められない可能性が高いと判断し、離婚調停を継続して進めていきました。
相手方が、途中で離婚してもよいとの意向を示したことから、その後、離婚条件を交渉しました。

3 結果

最終的には離婚する内容で調停が成立しました。

4 コメント

離婚調停は、裁判の見通しをふまえた上で、対応する必要があります。
特に、離婚事由に関して、裁判の見通しがよくないときは、離婚調停を不成立にしてからよりも、より早い段階で弁護士に相談することをお勧めします。
また、自分だけで対応すると、そもそも、離婚事由の見通しが分からない場合が多いので、離婚調停を申し立てる前に、弁護士に相談することをお勧めします。

未分類の最新記事

離婚・男女問題でお悩みの方は、まずはご相談ください。

離婚に関するよくある質問集

当事務所の解決実績