相続した土地に住宅ローンを組んで建物を建てた場合の財産分与

弁護士の応対

当事務所のご依頼者  妻

 

 

 

 

 

1 相談の経緯

夫が離婚調停を申立てましたが調停は不成立で終了し、その後、夫が離婚訴訟を提起してきました。
そこで、妻が今後どうしたらいいのかわからないので、ご相談にお越しになりました。

2 受任後の対応

妻から受任後、離婚訴訟に対応しました。
争点の一つが、財産分与に関して、自宅の建物のみの評価額でした。
相手方が、婚姻前に相続によって取得した土地上に、婚姻後、住宅ローンを組んで自宅を建てました。土地は、相手方の特有財産であるため、財産分与の対象となる建物のみ価格が争点になりました。
当事者双方が、建物の評価額を主張しました。

3 結果

和解で解決するのが困難で、判決によって解決した事案です。
建物の評価額も、判決によって判断されました。

4 コメント

建物のみの評価額を算定するのは困難な場合が多いです。

財産分与の最新記事

離婚・男女問題でお悩みの方は、まずはご相談ください。

離婚に関するよくある質問集

当事務所の解決実績