妻の不貞相手に慰謝料請求し100万円で和解した事例

弁護士の応対
1 相談の経緯

当事務所のご依頼者:夫

妻が不貞をしたことが発覚し、不貞相手に対して慰謝料請求をしたいが、自分で行うと感情的になってしまうので、当事務所にお越しになりました。

 

2 受任後の対応

不貞相手が不貞をした事実を認めた詫び状があったことから、直ちに相手方の携帯電話に連絡をして、事務所で話し合いをする日時を決めました。

3 結果

不貞相手と事務所で話し合いをし、その後、電話で交渉した結果、不貞相手が100万円を分割払いにより支払う内容で和解できました。
受任してから約1ヶ月で話がまとまりました。

4 コメント

不貞相手に対する慰謝料請求は、交渉になれた弁護士に依頼することをお勧めします。
不貞相手に対する慰謝料のご相談は、当事務所にご相談下さい。

不貞/慰謝料の最新記事

離婚・男女問題でお悩みの方は、まずはご相談ください。

離婚に関するよくある質問集

当事務所の解決実績