当事者同士では離婚条件の話し合いが進まなくなり、弁護士に依頼して離婚した事例

弁護士の応対
1 相談の経緯

当事務所のご依頼者:夫

当事者同士で離婚条件を話し合っていたが、妻が前言を翻すなどしてなかなか話がまとまらないので、
今後の相談をしたくて当事務所にお越しになりました。

 

2 受任後の対応

受任後、妻が離婚調停を申し立てたので、その調停手続きで離婚条件に関する話し合いを進めていきました。

 

3 結果

最終的には、離婚条件がきまり、調停離婚が成立しました。

 

4 コメント

当事者同士で話し合いをすると争点とは無関係なことで争って、かえって解決から遠のくことがあります。

当事者同士で離婚条件の話し合いをしていたが、その話し合いが進まなくなったら、弁護士に相談することをお勧めします。

離婚調停の最新記事

離婚・男女問題でお悩みの方は、まずはご相談ください。

離婚に関するよくある質問集

当事務所の解決実績