不貞相手に慰謝料を請求したい

この記事を読むのに必要な時間は約0分47秒です。

photo (5)
 夫婦は互いに相手に対して貞操義務を負っていますので、夫婦の一方の配偶者が不貞を行った場合、他方の配偶者は、不貞をした配偶者に対して慰謝料請求することができます。

 さらに、他方の配偶者は、不貞相手に対しても、配偶者としての正当な権利が侵害されたものとして、不法行為に基づき慰謝料請求することができます。

 従って、配偶者が不貞行為を行った場合には、不貞相手に対しても慰謝料を請求することができます。

婚姻関係の破綻

弁護士 辻井 康喜
 但し、不貞相手に対する慰謝料請求は、婚姻関係がその当時既に破綻していたときには、特段の事情がない限り、認められません。このため、多くの不貞の事案では、不貞相手から「婚姻関係破綻後の不貞だった」という反論がなされます。

 では、どのような場合に婚姻関係破綻後の不貞と認定されるのか。

 別居という事実は、重要な婚姻関係破綻の判断要素になりますが、それ以外の事実も判断材料になります。

慰謝料を請求するには

慰謝料を請求するには、通常、不貞相手は不貞の事実を認めないことが多いため、まず不貞行為を立証する証拠が必要になります。

The following two tabs change content below.

弁護士 辻井 康喜

弁護士業務を始めて10年以上の豊富な経験をもとに、依頼者によりよい解決案を提案いたします。 滋賀県の離婚問題でお悩みの方は大津法律事務所へご相談ください。

離婚・男女問題でお悩みの方は、まずはご相談ください。

離婚に関するよくある質問集

当事務所の解決実績

  • 離婚相談表ダウンロード

    平日夜間・土曜日相談受付中

    弁護士・事務所選びのポイント

    弁護士・事務所選びのポイント

  • コンテンツメニュー

  • 事務所概要・アクセス

  • 事務所概要・アクセス

    大津法律事務所滋賀弁護士会

    〒525-0012
    滋賀県草津市大路1-15-5
    ネオフィス草津5階

    TEL077-569-5155 平日9:30?18:30 夜間相談にも対応