確たる証拠を突きつけられ、不貞(不倫・浮気)行為について言い逃れができなくなった

不貞(不倫・浮気)行為の確たる証拠を突きつけられて、不貞行為の事実を言い逃れできなくなった場合、請求される可能性がある慰謝料の金額だけではなく、それ以外の問題についても、気にされる方が多いです。

勤務先や家族への発覚は避けたい・・

勤務先やご自身のご家族に不貞の事実が知られてしまうと、金銭面以上の多大なるダメージを負うことは間違いありません。
不貞行為は、慰謝料請求の対象であるだけでなく、離婚原因にもなりますし、万が一、不貞行為を職場に知られてしまったら、会社での評価を落とす可能性が高いからです。

このような場合、問題が大きくならないよう、真摯な発言・対応を心がけ、話し合いによる解決を目指すべきです。

早期に弁護士に相談し、有利な交渉を

弁護士 辻井 康喜

そして、相手方と話し合いをする際には、交渉の専門家である弁護士に代理交渉を依頼することをおすすめします。
当事者間での話し合いをすると、感情のもつれで本質的な話し合いができなかったりするからです。

確たる証拠を突きつけられて、不貞行為について言い逃れができなくなった場合、1人で悩まず、まずは、当事務所にご相談下さい。


離婚・男女問題でお悩みの方は、まずはご相談ください。

離婚に関するよくある質問集

当事務所の解決実績