離婚調停を申し立てられた方へ

photo (8) 離婚に関する話し合いをしても、話し合いが進まなかったり、条件面で歩み寄りが困難で離婚に関する協議まとまらない場合があります。それでも、相手方の離婚の意思が固い場合、相手方は離婚調停を申し立ててきます。

 確かに、離婚調停を申し立てられたとしても、事案によっては自分1人でも対応可能なものがあります。
 しかし、自分だけで対応するより弁護士に依頼する方が妥当な事案もあり、このような事案を自分だけで対応すると、取り返しがつかない事態になりかねません。

>>離婚調停を弁護士に依頼した方がいい事案

 また、離婚調停であっても、弁護士に依頼すると、より有利に離婚調停を進められることがあります。

>>離婚調停を弁護士に依頼するメリット

 自分だけで離婚調停に対応しようとしている方であっても、是非一度、弁護士に依頼することもご検討下さい。
 当事務所では、協議離婚・離婚調停に関するご依頼を承っていますので、離婚に関する手続を依頼しようと考えている方は、まずは当事務所にご相談下さい。

離婚・男女問題でお悩みの方は、まずはご相談ください。

離婚に関するよくある質問集

当事務所の解決実績